結婚指輪はダイヤ付きで上品な輝きを!


あなたは、結婚指輪をイメージされるとき、どんなデザインを思い浮かべますか?
思い浮かべる結婚指輪のデザインはとてもシンプルなものであることが多いと思いますが、最近はダイヤ入りの少し豪華な結婚指輪が話題なんです!

ダイヤ入りと言っても婚約指輪のようなダイヤがメインとなるデザインではなく、日常で身につけられるようにダイヤが施されたデザインの結婚指輪が人気です。

そこで、今回はそんなダイヤ付の結婚指輪のデザインについて詳しくお話ししたいと思います!


ダイヤ付きの結婚指輪でみんなと差をつけられる!?

結婚指輪のデザインで長年人気があり、選び始めの方のイメージで一番多いのが、シンプルなダイヤなしのストレートデザインです。 ザ・結婚指輪という王道デザインですね。

しかし、実際に雑誌や結婚指輪ブランドの店頭に行ってみて驚くのが、ダイヤ付きのデザインの多さだと思います。最初はダイヤなしのシンプルな結婚指輪が良かったけど、試着をするうちにダイヤ付きのデザインにされる方もとても多いです。

さて、ダイヤ付きの結婚指輪と一言で言っても、埋め込みデザインやエタニティ、ハーフエタニティと様々なデザインがあります。
それぞれ詳しく見ていきましょう!


埋め込みデザイン

結婚指輪の購入を検討していて「ダイヤはキラキラしていて綺麗だけど、日常的に着ける結婚指輪は何かと不安があるので石なしで…。」という人をよく聞きます。
でも、そんな不安を解消してくれるデザインがこの埋め込みタイプです。

読んで字のごとく結婚指輪本体にしっかりと埋め込まれているため、ひっかかりや爪止めの爪が折れる心配も、綺麗なダイヤがとれる心配も少なくなります。 詳しくは、以下で説明させていただきます!


エタニティデザイン

結婚指輪でのエタニティとは、リング一周にダイヤがあしらわれたデザインのことを言いフルエタニティとも呼ばれます。
エタニティデザインは、見た目が豪華であることはもちろんですがそれ以外にもメリットがあります。

人間の指はむくみによって太さが変わります。それにより、指と指輪に隙間ができてしまい、指輪が回ってしまいます。なので、ワンポイントのデザイン等ですとせっかくのデザインが手の平側へ回ってしまいます。しかし、エタニティデザインの結婚指輪ならどんなに回っても一周ぐるっとダイヤが入っているので、デザインが後ろへ回ってしまうことはありません

ダイヤの大きさによっては、かなりゴージャスなエタニティから細身のスタイリッシュなエタニティまで、様々な種類がありますので、ぜひ試着をしてご自身の指にピッタリなエタニティの結婚指輪を見つけてみてくださいね。


ハーフエタニティ

こちらは先ほどのフルエタニティとは異なり、リングの半分にダイヤがあしらわれたデザインの結婚指輪を言います。
着けた見た目としては、フルエタニティと同じく豪華なデザインです。

しかし、日常的に着ける際の心配や不安を軽減してくれるのが、このハーフエタニティです。テーブルなどに手をついたとき、フルエタニティの結婚指輪の場合ダイヤが全面に入っているため、テーブルを傷つけてしまったり逆にダイヤが傷ついてしまったりしないのか心配になりますよね。
でも、ハーフエタニティのようにリングの半分だけダイヤがあしらわれているデザインなら、手のひら側にダイヤがついていないので安心です。

さらに、ダイヤの面をくるっと内側に回せば、シンプルな王道デザインも楽しむことができて一石二鳥ですね。


どんなダイヤが使われるの?

ブランドによって様々ですが、結婚指輪にはメレダイヤと言われる小さなダイヤを使うことが多いです。
一例ですが、0.1ct以下のものですと婚約指輪では重視されるカラー(色)やクラリティー(透明度)もGカラー/VSなどが多いです。さらに、小さいダイヤにはカットグレードが付かないことが多いです。

「カラー」や「グレード」って何・・?というあなたは、こちらからダイヤの基礎知識を学んでみましょう! →ダイヤの美しさを決める4cとは

結婚指輪のダイヤは、グレードを選べないブランドが多いと思いますが、中にはしっかりグレードが選べるブランドもあるので、メレダイヤの質にこだわられたい方はぜひ探してみてください。


おすすめは埋め込みタイプ!

冒頭でも少し触れましたが、埋め込みタイプとはダイヤがリング本体に埋め込まれているタイプの結婚指輪です。

「結婚指輪は華やかにしたい」
「一生ものの輝きを身に着けたい」

と思う反面でこんな心配も・・・

「とれてしまったらショックだし」
「家事のたびに一々外すのは面倒」

上記のような要望を叶えつつも心配が軽減されるのがこの埋め込みタイプの結婚指輪です!


埋め込みタイプのメリット

埋め込みタイプの結婚指輪なら、洗濯物を畳むとき、冬のセーターなどの繊維に引っかかることもないし、隣り合う指に当たって痛くなることもありません。
心配がなくなれば、選べる種類も多くなり、よりお二人に合った結婚指輪を見つけられますね。


結婚指輪でダイヤ付きを選んで後悔したケースは?

ダイヤ付きの結婚指輪を懸念される理由は、とれてしまうことだけではありません。
実は、こんな不安を抱える方も多いんです。 「ダイヤ付きの結婚指輪はどんなシチュエーションでも着けられるわけではないから不便なのでは・・?」 ここでは、実際にダイヤ付きの結婚指輪が合わなかった例とその改善策をご紹介します。


職場で

・仕事が学校の教師で、教育の場に華やかすぎる。 ・事務の職場で、先輩(お局様)の目が気になる。 ダイヤ付の結婚指輪といっても、エタニティやハーフエタニティのように、全体にびっしりとダイヤが付いているものばかりではありません。
シンプルに一粒埋め込まれたデザインや、流れるように三石あしらわれたデザインなど、清楚や上品なデザインも多くありますので控えめなデザインを選ぶと良いですね。


冠婚葬祭で

・お悔みの際に派手すぎる。 フルエタニティの結婚指輪は、外さざるを得なくなるのも事実です。
それ以外だと、一時的に手のひら側へ回すことで解消できます。


男性ウケ

男性からの意見だと、ダイヤが結婚指輪の正面にあると派手でいやという人もいるみたいです。
その場合は、前述したようなリングの側面にダイヤを並べた結婚指輪や内側にダイヤを埋め込んだ結婚指輪がおすすめです!


宝石付きのリングで毎日贅沢な輝きを身に着けられる!

ここまで読んでくださった方は、少しダイヤ付の結婚指輪に興味をもっていただけたでしょうか?

これから毎日身に着ける結婚指輪だからこそ、ふとした瞬間目に入るたびにときめくようなデザインを身に着けたいですよね。ぜひ指先にダイヤを輝かせてみてください♡